パスカルの賭けとは

フランスの哲学者ブレーズ・パスカルが提案したもので、理性によって神の実在を決定できないとしても、神が実在することに賭けても失うものは何もないし、むしろ生きることの意味がます、という考え方である。

wikipedia引用

ホームへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました